整理収納アドバイザー【片づけマニア】渡辺有香 がお片づけをサポートします

【薬箱】処方薬のお片づけ・ときどき見直そう

薬箱 整理収納
心地よい暮らしのために
お片づけ始めませんか?

山形の整理収納アドバイザー
【片づけマニア】渡辺有香
お手伝いします。




皆さん、病院でもらった処方薬ってどうしていますか?

  • 症状が治まったらスグ捨てる派
  • しばらくとっておく派

さまざまだと思います。

 

わたしは「しばらくとっておく派」です。
同じような症状で、同じ薬を処方してもらうことが多いので、病院に行くまでのつなぎに使用したりします。持っていると安心ですしね。

ただその場合ときどき見直して処分しないと、薬はたまる一方です。

薬箱の片づけ方法

片づけ方法は、他の場所と同じです。
薬箱は他の収納に比べると小さく、全て「薬関係」という同じカテゴリーが集まっているので、カンタンな場所だと思います。

お片づけの練習にも最適ですね。

①薬を全部集める

まずは家中の薬を全部集めます。

最近まで飲んでいて、外に出してある薬もありましいた。

②全部出す

お片づけの基本「全部出し」

中身を全部出して、収納の中をキレイにします。

③不要品を処分・必要なモノを戻す

今回は、処方されて時間がたった薬どんな症状で処方されたか分からなくなった薬を処分しました。

しばらく処方薬をとっておく場合は、どんな症状だったか(鼻づまり・咳など)を袋に書いておくといいですね。

そして、必要なモノは箱に戻します。

 

定期的にチェックすると、今何があるのか把握できます。
鎮痛剤やうがい薬などが家にある場合は病院で申告して、もらわないようにすると多少の節約にもなります。

薬箱は大きめがオススメ

市販薬や絆創膏くらいなら小さめでもいいですが、処方薬や湿布薬なども入れるとしたら、大きめの薬箱がオススメです。

一か所にまとまっていると「そこを探せば全部ある」「そこになければ家にはない」がハッキリします。

鳩サブレーの缶は、かわいいし目立つしオススメ♪